FC2ブログ
 スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 「窮鼠はチーズの夢を見る」  -  2006.10.05.Thu / 23:30 
窮鼠はチーズの夢を見る    ジュディーコミックス
  「窮鼠はチーズの夢を見る」
  (comic by 水城せとな)

  ★★★★★







【story】
優柔不断な性格が災いして不倫という「過ち」を繰り返してきた恭一。ある日彼の前に妻から依頼された浮気調査員として現れたのは、卒業以来会うことのなかった大学の後輩・今ヶ瀬だった。ところが、不倫の事実を妻に伝えないことの代償として今ヶ瀬が突きつけてきた要求は、「貴方のカラダと引き換えに」という信じられないもので…。くるおしいほどに切ない男と男のアダルト・ラブストーリー。

【review】
めちゃめちゃ探して今日やっと購入できました。メイトにもコミック専門店にも置いてないし...
が、他のコミック専門店で平積みされているのを見つけた時は内心悲鳴を上げました(笑)
「男とセックスするのは、怖いですか...?」という帯の文句。事前に知ってはいたもののやはりレジに持って行くのには少々勇気がいる。それもレジにいたのは男性だし! でも、ここで買うのを辞めるなんて絶対に出来ない! 私の後ろに誰も並んでなかったのは幸いでした。って、購入に至るまでの事はどうでもいいですね(笑)
水城せとな先生... 初めてお名前を知りました。某サイトでのコミック部門か何かで1位だったのがこの作品で、ネットで立ち読みしたらどうしても続きが読みたくなったんです。

以下、ネタバレありです...
これを「ボーイズラブ」と言っていいのか...
私なんかがレビューもどきの感想を書いていいのかなと...

男性同志の恋愛を書けば全てBLになるのかって言われれば違うと思うし(じゃあ、逆に”何がBLなの?”って聞かれても答えられないんですけどね 笑)
男女間の恋愛とかBLとか、そういうジャンル関係無しに、純粋に人を愛しているお話だなぁって感じました。
登場人物の1人である今ヶ瀬のその気持ちが痛いほど伝わってきます。
綺麗で都合が良いだけのお話でもない。良くも悪くも「人間」らしさが出ているし、ノーマルだった恭一が段々今ヶ瀬に傾き、またその事に悩む。優柔不断で人に流されるばかりの恭一の揺らぐ気持ちというのも大変読み応えがありました。

恭一の事が好きで好きでたまらないくせに、「本当の恋をして”運命の女”が現れたら俺は消えます」なんて言う今ヶ瀬も何だか切ない...
強引に恭一と寝る事だって出来るのにそれをしないのは、作中でも彼の口から語られているように「逃げ道」を作ってあげているのか、はたまた恭一から来てくれる事を望んでいるのか...
愛情表現もストレートなくせに、どこかで何かを押さえている感のする今ヶ瀬。だからこそ、時々感情のままに自分の思いをぶつける今ヶ瀬の台詞は読んでいても胸が締め付けられるようになります。
大学時代に恭一からもらったライターをずっと大事に持っているとうい一途な面を覗かせられて、今ヶ瀬の恭一に対する気持ちの深さも更に知る事が出来る。

そうそう、夏生と今ヶ瀬とのバトルも読み応えがありました。というか怖かった。実際にありそうというか...
私は、BLの中に女性が出てくるのは全然構いません。いや寧ろその方が面白くて好きです。現実味を帯びている気がするし、何よりも女性のある種怖い感情を見る事が出来るので好きです。
人間、綺麗な面ばかりのはずがない。人を好きになれば、「嫉妬心」や「独占欲」も出てくると思う。
そういう本来の人間らしさを書いている作品が凄く好きです。
このストーリーの中には、人間のありとあらゆる感情が凝縮されているように感じました。

あぁ、本当に自分の文章力の無さが悔しいです。
このコミックは読まれている方も多いと思うので、今更私が何を言う事もないかもしれませんが... お薦めです!
恭一が今ヶ瀬に惹かれていく様子も良かったですが、私的にはやはり今ヶ瀬の恭一への想いに切なくなりました。今ヶ瀬が感情のままに本心を吐露する所が凄く凄く好きです。

最近、小説やコミックからはちょっと遠ざかっていますが本当に久々に良い作品に出会えたと思います。
大きな声では言えないが、仕事中ちょっと息抜きのつもりで見たサイト。
そこにこの作品が載っていなかったら、私はまだまだこの作品を知る事は無かったと思います。

今ヶ瀬と恭一の半年後を描いた「憂鬱バタフライ」
Judy10月号の小冊子に掲載されていたんですね。あぁ、ちょっと遅かった!
現在書店に並んでいるのは11月号。小学館サイトやJudyサイトでバックナンバーを探したけど品切れ...
でも、絶対に絶対に続きが読みたいので、本屋という本屋で聞いてやるんだから!
スポンサーサイト
テーマ:ボーイズラブ - ジャンル:本・雑誌

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 Calendar 
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 Recent Comments 
 ブログ内検索 
 Profile 

 Saori

Author: Saori
BL読書歴はまだ浅いです。
特にお気に入りの作家さんは

*月村奎先生
*砂原糖子先生
*六青みつみ先生
*高遠琉加先生
*ひちわゆか先生

*水城せとな先生
*富士山ひょうた先生
*ヤマダサクラコ先生
*街子マドカ先生
*夏目イサク先生
*日高ショーコ先生

 Mail Form 

Name:
E-Mail:
Subject:
Message:

 *** 


CopyRight 2006 Happy Day BL Review All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。