FC2ブログ
 スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 「ラブバードを探して」  -  2006.12.03.Sun / 18:27 
「ラブバードを探して」
  「ラブバードを探して」
  (by 松前侑里 ill. 亀井高秀)

  ★★★★★







【story】

大学生の神尾夕貴は、恋人・本上俊也と大喧嘩の末、別れた。半年後、「いつでも戻ってきていい」と言った俊也の言葉に素直になろうとした矢先、親友・菅谷智人の恋人が俊也だと知る。事情を知らない智人は夕貴のために俊也の同僚・千葉を紹介。すべてを知りつつ優しい千葉だったが夕貴が思い出すのは俊也のことばかり。そして俊也も夕貴を…。

【review】
う~ん... 何かすっごい微妙...

以下、ネタバレありです...


何が微妙かって...
夕貴が最終的に俊也を選ぼうが、千葉を選ぼうが、きっと何かすっきりしない「モヤモヤ感」が残ったと思うんですよね。
親友の恋人となってしまった俊也の元に戻る事はしなかったんだけど、それってどうなのかな?って...
だって、智人も千葉も夕貴と俊也の関係を知っていて、2人がお互いにどう思っているかも知っているのに、それでいいなんて...
いや「それでいい」のはいいんですけど、だったらそれを最後まで貫き通して欲しかったと思うんですよ。
あっちにしたりこっちにしたりというのは、個人的にはどうも好きじゃないです。
だって、2人はそれで良くても智人と千葉はどうなの?って思ってしまう。
まぁ、この2人もありえないぐらいいい人だったから成り立ったお話かもしれないけど...
私なら無理。俊也の事が好きなのに、千葉の事を好きになろうとするなんて...
もちろん、千葉も凄く魅力的な男性ではあると思います。おちゃらけているようできっと凄く夕貴の事を心配してくれていたんだろうし...
千葉も、最後に何で夕貴を手放しちゃうかな... 本当にいい人過ぎるよ。智人と俊也が付き合っていて、夕貴が自分の想いをどうする事も出来ない時に側にいてあげて、俊也がフリーになったら手放してあげるなんて...
あまりにいい人過ぎるから、夕貴がどちらを選んでもきっと「モヤモヤ感」が残るんだろうな。

松前先生のお話にはこういう感じのものが多いですよね。
主人公が2人の男性の間で揺れるというか...
「階段の途中で彼が待ってる」とか「その瞬間(とき)、僕は透明になる」とかもそういう感じだし...
この2作品にも共通してる事ですけど、主人公がどちらの男性に対しても好感を持っていて、またどちらの男性もすごく魅力的だからこそ、読後は読み手によって「モヤモヤ」感が残ったりするのかもしれません。
「階段の~」に出てきた飛島の小説が出たので、できれば千葉のお話を読んでみたいです。

ところで、松前先生は江ノ島とか鎌倉がお好きなのかな?
確か、「星に願いをかけないで」でも2人のデートでその描写がありましたもんね。
スポンサーサイト
テーマ:ボーイズラブ - ジャンル:本・雑誌

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 Calendar 
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 Recent Comments 
 ブログ内検索 
 Profile 

 Saori

Author: Saori
BL読書歴はまだ浅いです。
特にお気に入りの作家さんは

*月村奎先生
*砂原糖子先生
*六青みつみ先生
*高遠琉加先生
*ひちわゆか先生

*水城せとな先生
*富士山ひょうた先生
*ヤマダサクラコ先生
*街子マドカ先生
*夏目イサク先生
*日高ショーコ先生

 Mail Form 

Name:
E-Mail:
Subject:
Message:

 *** 


CopyRight 2006 Happy Day BL Review All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。