FC2ブログ
 スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 「愛とバクダン」  -  2006.03.16.Thu / 23:50 
愛とバクダン
  「愛とバクダン」
  (by 中原一也 ill. 水貴はすの)

  ★★★★






【story】
探偵事務所を開いている元刑事の竜崎は、悪友の深見に頼まれて、彼の弟・謙二朗を雇うハメに。会ってみると、謙二朗は危うい色香を放つ美青年で、竜崎はどうしようもなくそそられてしまう。少年院上がりの謙二朗は、複雑な過去が原因で男も女もダメ、しかも親友の弟ときては、竜崎もおいそれと手を出せず、悶々とした日々。人に懐かない猫のように警戒心の強い謙二朗だったが、事務所に入り浸るゴツいオカマ、オリーヴの優しさに触れ、次第に仕事にも馴染んでいく。そんな折、彼の前に少年院時代の因縁の男が現れ…

【review】
以前から気になっていた中原先生の小説。「オヤジ」って結構いいですね(笑)
存分に楽しませてもらいました。登場するキャラも個性的かつ魅力的で、特に橘くんが私のお気に入りです。

以下、ネタバレありです...
少々、出てくる言葉があからさまではありますが、まぁキャラが中々個性的なのでそれも許せる範囲だとは思います。
謙二朗の過去も、所々語られていますが中々痛い。少年院時代の男との事がメインになっており、それを何とかしようとす竜崎がとってもカッコいいです! いやはやオヤジならではのカッコ良さでした(笑)
2人の馴れ初めを書いたこのお話よりは、次の「愛とバクダン2」の方が好きですね。
謙二郎が調査対象者の少年に同調してしまい、調査報告書に嘘を書いてしまう。いや、嘘を書いた訳じゃないんだろうな。本当の事が書けなかっただけで...
「友達を作って何が悪い...」と泣く謙二朗が可愛らしくて、そりゃあ竜崎でなくてもクラっときちゃいますって!
怪我をした竜崎を事務所に連れ帰る謙二朗の必死さとは裏腹に、ふざけた口調の竜崎も「らしいなぁ」と思わずにはいられない。
ちょっといい加減でふざけてばかりで、でも人間くささとかがばっちり出てる竜崎は「オヤジ」として非常に魅力的です。
「オヤジ竜崎」に必死で対抗(抵抗?)する謙二朗もほんとに可愛いです。いや、謙二朗は気が強いし甘えるなんて事はないのですが、その気の張りようが可愛いというか何というか...
ラブラブ甘々って感じはないのですが、何となく(何となくっていうのも失礼だな!)ツボに嵌るお話でした。
あっ、脇キャラの個性も素晴らしかったです。オリーヴさんもただのオカマじゃないですね(笑)美味しいところはちゃっかり持っていきますし、何より謙二朗が竜崎より先に懐いたのがオリーヴですからね~
そしてバーテンダーの橘くん!物静かな喋り方が本当に素敵です。出来ればもっと橘くんの出番を増やして欲しい。そしてもっと我侭を言えば水貴先生の書くイラストで橘くんを見たかったです!
さて、次はドラマCDを聴かなければ... 賢雄さんと緑川さんがどういうふうに演じてくれているのか非常に楽しみです!
スポンサーサイト

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 Calendar 
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 Recent Comments 
 ブログ内検索 
 Profile 

 Saori

Author: Saori
BL読書歴はまだ浅いです。
特にお気に入りの作家さんは

*月村奎先生
*砂原糖子先生
*六青みつみ先生
*高遠琉加先生
*ひちわゆか先生

*水城せとな先生
*富士山ひょうた先生
*ヤマダサクラコ先生
*街子マドカ先生
*夏目イサク先生
*日高ショーコ先生

 Mail Form 

Name:
E-Mail:
Subject:
Message:

 *** 


CopyRight 2006 Happy Day BL Review All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。