FC2ブログ
 スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 「肩ガ触レルホド」  -  2006.03.21.Tue / 23:56 
「肩ガ触レルホド」
(by 中原一也 ill. 岩崎陽子)

★★★★★

【story】
瀬田は左脚に障害を負っていた。失ってしまった脚の機能を果たすように、傍には滝川という男がいつも身を潜ませている。滝川の喧嘩にまきこまれ、障害を残したのが原因だったからだ。瀬田は特別な位置を甘受していたが、同時に、いつまでもこの関係が続くことがないことも知っていた。教え子から兄が姿を消したと相談を持ちかけられ、瀬田は滝川とともに行方を捜し、自らの想いも同時に追う。

【review】
”手錠プレイがあります”...と言うのを知り購入。いや、もちろんそこだけに惹かれた訳ではありません(笑)
あらすじを読んでも面白そうだなぁと思いましたし、それにプラスして”手錠プレイ”...
どうしても読んでみたかったんですよ!

以下、ネタバレありです...
ストーリー設定とか人物像とか、あらすじを読む限りでは凄く好みでした。
かなりシリアスなお話を想像してたのに、それがちょっと意外だったというか...
全体がコメディチックなお話ではないのですが、この2人が大学生というのに驚き。
あらすじを読んで私は”社会人”だと思ってたものですから...

瀬田の脚に障害があるのは、昔滝川絡みの揉め事に巻き込まれたせいらしい。
もちろんその説明(というか、瀬田の回想として)もあるのだが、個人的にはもうちょっと細かい描写が欲しかったな。
だって、ナイフで脚を刺されるなんて... 滝川ってそんな危ない人とどんな揉め事があったのか。瀬田はどうしてその場に居合わせたのか。どうして自分が刺される事になったのか...
簡単な回想や説明じゃなく、もっと細かく知りたかったなと思います。
その時から、滝川は瀬田の”足”代わりらしいのですが、あらすじのように”身を潜ませている”って感じではなかったな。

瀬田が家庭教師をしている生徒から兄についての相談を受け、その兄の行方を探すうちに事件に巻き込まれていくんですけど...
うーん、私はやっぱり大学生は大学生らしいお話が好きかも... 何度も書きますが、設定や人物像は物凄く魅力的です。この設定を生かせるような、もう少し細かな描写が欲しかったです。ホント、偉そうな感想ですみません。

さて、最後にやっぱり語っておかなければいけない”手錠プレイ”
これだけ書いておきながら、思いっきり楽しめなかったというのが本音。
というのも、瀬田がこの事件の犯人に捕まっている時に、手錠をかけられて拉致されていたんですよ。で、そのまま結構ひどい目に合わされて...
そういう状況を滝川も知っているのに、「手錠プレイをしたい」なんて普通言うかなぁ?
まぁ、はっきり「手錠プレイをしたい」と言った訳ではないのですが...
いくら瀬田が心身共に強い人間であったとしても、それほどの目に遭ったならやっぱり何らかのトラウマが残ってるのが普通じゃないかなって思うんです。
それを、「手錠プレイ」にもっていっちゃう滝川もどうかと思うし、簡単にOKする瀬田もちょっと信じられなかったです。
そういう精神面を全くのぞいてのプレイとしては... 短いですが面白味はあったと思います。

結構キツイ感想になってるかもしれませんが、設定などはモロ好みです。もう少し精神面と描写の面で細かなフォローが欲しかっただけです。
「肩ガ触レルホド」というタイトルには、瀬田の想いや願いが込められている気がして、私的にはとてもお気に入りです。
スポンサーサイト

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 Calendar 
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 Recent Comments 
 ブログ内検索 
 Profile 

 Saori

Author: Saori
BL読書歴はまだ浅いです。
特にお気に入りの作家さんは

*月村奎先生
*砂原糖子先生
*六青みつみ先生
*高遠琉加先生
*ひちわゆか先生

*水城せとな先生
*富士山ひょうた先生
*ヤマダサクラコ先生
*街子マドカ先生
*夏目イサク先生
*日高ショーコ先生

 Mail Form 

Name:
E-Mail:
Subject:
Message:

 *** 


CopyRight 2006 Happy Day BL Review All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。