FC2ブログ
 スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 「熱病の花」  -  2006.03.30.Thu / 23:04 
熱病の花
  「熱病の花」
  (by 菱沢九月 ill. 桃山恵)

  ★★★★★






【story】
あけすけな欲と恋恋とした情で滴りすべる肌がもどかしい。怜悧な七飯をこの世で唯一人ダメにする年下の恋人、リョウの灼けた硬さを頬ばり締めつけながら、七飯はその奥にある悦楽をねだるのだ。互いの秘密をキスで分けあって一年が経つ。溺れるような甘やかな夜、突然、美貌のホステス、ミキがリョウに縋りついてきた!知らないリョウがいる?動揺を隠し、七飯はリョウと共にミキの事件に巻き込まれてゆく―

【review】
「溺れる体温」の続編ですが、こちらもまたエロかった(笑)
全体的なお話としては「溺れる体温」の方が好きですね。こちらは、何だかちょっとした事件に七飯やリョウの関わりが弱いというか...

以下、ネタバレありです...
前作同様、七飯とリョウのラブラブっぷりが凄かったです。そこにミキという女性の事件が絡んでくるのですが... 
七飯はこのミキの事をとても気にしているようでしたね。そこにはやはり自分との決定的な違いがあるからなんでしょうが... でも、ミキが女性ではない(ちょっと語弊があるかもしれませんが)というのはその描写から何となく解りましたし、事件性そのものにもあまり興味を惹かれるものが無かったです。
ただ、2人の中にあるお互いへの愛情が再確認出来たという意味では、ミキという女性の存在は大きかったのかな?とも思いますが...

このお話の中で、とある理由からミキを執拗に狙う男がいるのですが...
その男の行動というのもあまりにも浅はかで考え無しというか... いくら友達の為とは言え、ナイフ持って襲っちゃったら下手したら「殺人未遂」ですよ! 
友人とその恋人の為らしいのですが、そこまでさせるには少々理由が弱いというか...
全体的にあまり共感できる所もなくちょっと残念ではありました。

最後のエロシーンは良かったかも。七飯がリョウに縛られるんですが...
私こういうのって結構好きなのかな?(笑)
あまり読んだ事ないような気がするけど、中原先生の「肩ガ触レルホド」にも手錠プレイが出てきたし。いや、そっちはそれが読みたくて買ったんですけどね。
でも、鬼畜っぽいのはイヤなのでソフトな感じでお薦めなどありましたら是非お知らせ下さい!

七飯とリョウのラブラブっぷりを堪能したい方にはお薦めです!
スポンサーサイト

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 Calendar 
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 Recent Comments 
 ブログ内検索 
 Profile 

 Saori

Author: Saori
BL読書歴はまだ浅いです。
特にお気に入りの作家さんは

*月村奎先生
*砂原糖子先生
*六青みつみ先生
*高遠琉加先生
*ひちわゆか先生

*水城せとな先生
*富士山ひょうた先生
*ヤマダサクラコ先生
*街子マドカ先生
*夏目イサク先生
*日高ショーコ先生

 Mail Form 

Name:
E-Mail:
Subject:
Message:

 *** 


CopyRight 2006 Happy Day BL Review All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。